炭酸バブ クール『オリエンタルスパ ピンクオーキッドの香り』

目次

夏の夜更けにバイオレットの湯でスッキリバスタイム。

バブクールのオリエンタル・スパのピンクオーキッドの香り入浴剤パッケージ

錠剤の色:薄い紫
お湯の色:シャイニーバイオレット(透明タイプ)
香り:ピンクオーキッドの香り

おすすめの人

  • だるい夏バテ感(疲労感)に
  • ほてり感をやわらげたい。
  • ベタつかず肌をさっぱりしたい。
  • 疲労回復、肩のこり、腰痛、冷え症、神経痛、リウマチ、痔、あせも、しもやけ、荒れ性、ひび、あかぎれ、しっしん、にきび、うちみ、くじき、産前産後の冷え症

今日も暑かった。気分はクール系の入浴剤です。

選んだのは『バブ クール オリエンタルスパ』シリーズの「ピンクオーキッドの香り」です。

「オリエンタルスパ」は、東洋の楽園をイメージして作られたクール系の炭酸入浴剤です。

ピンクオーキッドの香り:
気品あふれる花の女王・蘭(オーキッド)の香りに、イランイランや南国のグリーンの香りをブレンド。魅惑的で高貴な香り。※バブ公式サイトより抜粋

この香りの説明を読んだだけでも楽しみ♪

封を開けると薄紫の錠剤で、甘い香りが漂います。

早速、お湯に投入。

ボン。

あっ!顔に水しぶきが、、、

しゅわしゅわと深い紺?紫?系の泡を出しながら溶けていきます。

一旦、お風呂の準備で退散。

再び、浴室へ。

おおおー、クリアなバイオレットです!

綺麗なバイオレットカラー
※参照:下の浴槽の写真

そして、甘い香りが浴室に漂ってます。

人工的な香りで芳香剤を思わせる香りかなぁ。

人工的な香りが嫌いなわけではないですが、これは個人的にちょっと苦手な系統の香りです。※(追記)最近はこの香りが気にならなくなりました。なぜだろう?香りに慣れたのかも。

妻は「いつものバブらしい香りだね」、「特に嫌いということもない」と言ってました。

なので、香りの感じ方、好き好きは人それぞれですね。

体を洗うために湯船から上がって、しばらくすると、ほんのり肌がす~っとしました。

僕は気にしながら入ってるので感じることができましたが、妻は「うん?ス~っとした?」とのこと。

『バブ』シリーズで~っとしたい場合は「バブ・エクストラクール」か「バブ・薬用メディキュア冷涼クール」をお勧めします。

「冷涼クール」の方がクール感は強いです。香りも「メントール+レモングラス」の良い香りで好きな入浴剤です。

湯上り後は、しっかり体が温まってるので、汗が出てきます。

バスローブを着て、汗が引くのを待ちます。
あ~、バスローブって、使い勝手最高です♪

バブクールのオリエンタル・スパのピンクオーキッドの香り入浴剤の湯

バブ クール(Cool) のこだわり

  • バブクールは4種類のラインナップがあります。
    ①クール(爽やかミントの香り)
    ②エクストラクール(エクストラクールミントの香り)
    ③クール オリエンタルスパ《今回使ったのはこのシリーズです》
    ④クール フラワースプラッシュ《今回使ったのはこのシリーズです》
  • たっぷり溶け込む炭酸力:ぬるめのお湯でも入浴効果を高めて血行促進。
  • 汗ばむ季節のだるい夏バテ感(疲労感)に。
  • メントール(清涼成分)配合。ほてり感を和らげ、肌さっぱりべとつかない!
  • アミノ酸で塩素を除去し、ピリピリ感を和らげます。
  • 素肌と同じ弱酸性。赤ちゃんにも使えます。

『バブ クール オリエンタルスパ ピンクオーキッドの香り』 全成分

【有効成分】炭酸水素ナトリウム、炭酸ナトリウム
【その他の成分】フマル酸、PEG6000、ブドウ糖、酸化マグネシウム、炭酸Ca、フェノールスルホン酸亜鉛、グリシン、ミリスチン酸イソプロピル、ショ糖脂肪酸エステル、メントール、香料、青1、黄4、赤102、赤106、赤227

『バブ クール オリエンタルスパ』の入浴剤

そこはターコイズブルーの海に囲まれた東洋の楽園。たっぷりの太陽と雨に、大きな花々と果実が咲き乱れる。開放感あふれる、4つの香り詰め合わせです。

  1. フランジパニの香り:レビュー記事はこちら
  2. マンゴスチンの香り:レビュー記事はこちら
  3. ブルーウォーターリリーの香り:レビュー記事はこちら
  4. ピンクオーキッドの香り⇒本記事はコレです。

たんたん流の買い方は、気になる小袋を複数まとめ買いして、気分によって入浴剤を使い分けてます。『バブ クール オリエンタルスパ』はアソートタイプで4つの香りがあり、各3錠の計12錠入りで販売されています。楽天とYahooショッピングとAmazonのリンクを下にはってます。

よかったらシェアしてね!