フィンランドバスソーク ヘイフラワー:すがすがしい草花の香り

目次

北欧フィンランドのバスタイム、野生の草原で草花に包まれるひととき。

フィンランドバスのヘイフラワーの香り入浴剤のパッケージ

バスソルトの色:薄いオレンジ色
お湯の色:ミルキーグリーン(にごり湯)
香り:すがすがしい草花(ヘイフラワー)の香り

おすすめの人

  • 北欧気分を味わいたい
  • 様々な草花(ヘイフラワー)の香りで癒されたい
  • リフレッシュしたい
  • 汗を出したい
  • 心身の緊張・ストレスをほぐしたい

フィンランドバスソークシリーズは、どれを見ても北欧風のパッケージが可愛いので、お気に入りです!
今日のチョイスは『ヘイフラワー:すがすがしい草花の香り』。

封を切ると、ふぁっとハーブの香りがします。これがヘイフラワーの香りですね。

パウダーは薄いオレンジ色です。

これを湯に溶かすと、しゅわ~と泡が出てきて、バスタブの表面を覆います。

お湯につかっていると徐々に泡はなくなり、最後は優しいミルキーグリーンのにごり湯になります。

このシリーズはいずれもバスタブの底が滑りやすくなってるので、気を付けて入ります。

お湯に浸かると、肌を気泡がヴェールの様に包み、トロ~ンとなります。

これがとても気持ちいい!!

お湯につかってない部分は逆に肌がキュッとなります。

爽やかな草花のハーブの香りです。

この香り大好きです!

レモングラスが好きな人は好きだと思います。

個人的にはもう少し香りが強くてもOKですが、これくらいの香りの強さの方が万人受けするかもしれません。

このシリーズはどれも良いですねぇ。

湯上りもポカポカしますよ~。

湯色、にごり方、香り、お湯の肌触り、どれも好きです!!

配合されている成分

『ヘイフラワー:すがすがしい草花の香り』のこだわり

  • 無機塩類をベースにハチミツ、アルニカエキス他数種の保湿成分を配合
  • 鉱物油、浴槽をいためるイオウ不使用
  • 発砲粉末入りなので、入浴初めの数分間はブツブツとした気泡湯が楽しめます。

緑の草原を野生の草花が彩り、北欧の人々が生命力を謳歌する季節。そんな野原に自生するうさぎ菊(アルニカ)やエルダーフラワー(セイヨウニワトコ)、マロウ(ゼニアオイ)など数種の植物エキスに蜂蜜を加えたうるおい入浴剤。

フィンランドバスソーク ヘイフラワー:すがすがしい草花の香り 全成分

炭酸Na、セルロースガム、炭酸水素Na、デキストリン、テレビン油、ポリソルベート80、ホホバ油、酸化チタン、ハチミツ、アルニカエキス、キュウリエキス、セイヨウキズタエキス、セイヨウニワトコエキス、ゼニアオイエキス、パリエタリアエキス、ポリアクリル酸Na、ポリアクリル酸、ベントナイト、BG、水、香料、黄202(1)

フィンランドバスソークのバスソルト

美しくきびしい冬、爽やかな汗ふりしぼる夏。北欧のバスルームをイメージした、森や草原、あふれる自然の香りでいっぱいに満ちた贅沢なリラックスと発汗を促す濃厚な入浴料。4種類の香りがあります。

フィンランドバスソークのバスソルト一覧

たんたん流の買い方は、気になる小袋を複数まとめ買いして、気分によって入浴剤を使い分けてます。他のフィンランドシリーズもおすすめです!個人的にこのシリーズは大好きです。

よかったらシェアしてね!