オレンジ・リンデンバウム<菩提樹>の香り クナイプ

目次

冷えた体を芯からしっかり温めるぽかぽかバスタイム!

クナイプのオレンジ・リンデンバウムのバスソルトパッケージ

バスソルトの色:朱色
お湯の色:イエロー(透明タイプ)
香り:オレンジ・リンデンバウム<菩提樹>の香り

おすすめの人

  • 冷え性
  • とにかくあたたまりたい方

連日バタバタして寝不足が続いたので、今日は温まってぐっすり寝たい。

そこで選んだのは『クナイプ オレンジ・リンデンバウム<菩提樹>の香り』。

パッケージに「温まりたい方」とうたってるので、芯から温まりそう。

オレンジの柑橘系の香りでストレス解放!リフレッシュ。

天然ハーブのリンデンバウム(菩提樹)でリラックス。

今日のテーマは「解放&リラックス、そして熟睡」です!!

袋を開けるとしっとりした朱色(薄い赤とオレンジが混じった色)のバスソルトで、シトラス系の香りビターな香り、それにスパイシーな香りが混じりあっています。

バスソルトをお湯に入れて、手でかき回します。

こうしないとソルトがなかなか溶けません。
(※クナイプのバスソルトは2億5000万年前の古代海水をくみ上げて作られるミネラル豊富なこだわりのソルトです。2億5000万年前って想像もつかないですね。)

バスソルトが溶けると、浴室はビターで爽やかな柑橘系の香りスパイシーな香りが広がります。これが菩提樹(リンデン)の香りなんだと思います。

特徴はスパイシーな香りかな。

ジンジャー(生姜)ではないけど、ジンジャーを想わせるスパイシーさです。

これはクセになる香りです。

かなり好きな香り♪

浴槽の表面はいつも通り泡で覆われていますが、お湯に浸かると徐々に泡が消えて、イエローの湯が顔をのぞかせます。

パッケージに芳香浴と書いてるだけあって、クナイプのバスソルトは日本の入浴剤と比較して天然アロマの香りが強いです。

これがいいんですよね~!

今日は香りを欲する日なので、クナイプはベストチョイスです。

ゆっくりと鼻からアロマを吸い込んで心身リラックス~。

10分くらいすると、体がポカポカポカ。かなり体が温まります!

のぼせないうちに上がりました。

今日のバスソルト、大満足!すでに意識が遠のきそう、、、、

配合されているハーブ

クナイプのこだわり

  • 植物由来成分(植物オイル・植物エキス)を使用
  • 防腐剤(パラベン)不使用
  • パラフィン、シリコン、鉱物油(ミネラルオイル)不使用
  • ドイツ大学病院で皮膚への適合性テストを実施
  • 資源を保護し、環境にやさしい生産活動を行っている。
  • 製品の動物実験は行っていません。

オレンジ・リンデンバウム<菩提樹>の香り 全成分

塩化Na、香料、炭酸Na、ビターオレンジ油、ビターオレンジ葉/枝油、オレンジ果皮油、フユボダイジュ花エキス、コウスイガヤ油、ラバンデュラハイブリダ油、レモン果実エキス、カンフル、オレオイルメチルタウリンNa、ポリソルベート20、黄203、黄5、水、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル

クナイプのバスソルト

クナイプは120年以上の歴史を持つドイツのハーバルブランド。2億5000万年前の古代海水を精製した天然岩塩と天然ハーブの精油(エッセンシャルオイル)から作られた天然由来にこだわったドイツシェアNo.1のバスソルトです。科学者と皮膚専門家による厳しい要求のもと共同開発され、肌への適応性に関しては非常に厳しい基準が設けられています。

まずは1回分の小袋で、試してみるのをお勧めします。
たんたん流の買い方は、気になる小袋を複数まとめ買いして、気に入ったものをボトル購入です。

よかったらシェアしてね!