【詩・うた】澄んだ夜空に

夜空を見上げる

目次

月を仰ぐ一本道
きしむ心を乗せてアクセルふかす
あなたはどんな夢をみましたか

ボンネットに背中をあずけ
きらめく小さな星々のささやき
あなたはどの星になったのですか

あなたを探すように
ゆらゆらり昇り漂うショッポの煙が
月の光ににじんでいく

あなたらしく生きれたの
あなたの願いは叶ったの
あなたは幸せでしたか

どんな時もぼくたちを照らし
家族のためにただまっすぐに
寡黙に生き抜いたあなた

さよならの言葉も聞けずに
あなたが最後に零した涙の
その意味を ぼくは探し続けている

あなたの存在は大きすぎて
ぼくは何か返せましたか
その答えを ぼくは探し求めている

あなたの力いっぱいの愛に包まれ
幸せでした この気持ちが
あなたに届きますように

今はただ やりきれない悲しみがこぼれ落ちる
今はただ 青い闇に浮かぶ月がやけに澄んでいて
あなたとの想い出が夜空を駆けては消えていく

今はただ 安らかに眠りについて
今はただ あなたが寂しくないように
優しい暗闇があなたを包むから

あなたは今どんな夢をみてますか

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる