霊峰御嶽山の温泉入浴剤 日本の名湯 濁河(にごりご)- 心清らか –

目次

御嶽山の澄んだ空気と静寂な原生林に漂う、野趣豊かな温泉の香り
~ 星降る御嶽山麓の秘境の里

日本の名湯 濁河温泉入浴剤パッケージ

入浴剤の色:サーモンピンク
お湯の色:乳柿色のお湯 (にごり湯)
【重曹湯】
香り:野趣豊かな温泉の香り

おすすめの人(効能)

  • 荒れ性、冷え症、肩のこり、腰痛、疲労回復、神経痛、リウマチ、しっしん、にきび、あせも、しもやけ、あかぎれ、ひび、痔、うちみ、くじき

温泉情緒あふれる霊峰御嶽山にある『濁河(にごりご)温泉』の入浴剤です。

日本の名湯シリーズは、その温泉地の温泉成分を分析して、実際の温泉にできるだけ近付けた本物志向の入浴剤で、バスクリンの長年の努力が見て取れます。温泉を科学するプロジェクト(そのまま温泉科学プロジェクト^^;)を立ち上げて研究・開発をしてて、こだわりもすごいですね。

さて、濁河入浴剤ですが、粉末は綺麗なサーモンピンクです。

お湯に溶かすと山吹色のにごり湯、もしくは黄褐色のにごり湯という感じです。

濁河の色を忠実に再現しているようです。

香りは弱く、何の香りかはあまり分かりませんでした。

ただお湯に顔を近付けると優しい香りがほのかにします。

癖のある香りでないので、嫌いな人はいないのではないかと思います。

忠実に作られてるので、悪くないのですが、このにごり湯色に心がときめかないのはなぜ。。。

子供のころ遊んだ、泥の水たまりを思い出します。

そう考えると、ちょっと楽しい気分かも。

入浴剤自体は、バスクリンの『温泉情緒あふれるにごり湯、にごり湯の醍醐味』と『温泉通がおすすめの湯質を厳選、通のこだわり』の2つのシリーズに入っているので、人気入浴剤だと思います。

使ってみると子供のころを思い出すかも ^^)

日本の名湯 濁河入浴剤の湯

『日本の名湯』シリーズのこだわり

  • 温泉地公認
  • 開発者が温泉地を直接訪れ、温泉分析表をもとに湯質を徹底研究
  • 温泉郷にいるような感覚を思わせるための「温泉情緒」へのこだわり
  • 温泉ならではの湯質(湯の感触)を再現
  • ご自宅のお風呂で本格的な温泉気分を満喫

日本の名湯 飛騨の湯 濁河 全成分

<有効成分>炭酸水素Na、乾燥硫酸ナトリウム、沈降炭酸Ca、塩化Na、硫酸Mg
<その他の成分>L-グルタミン酸ナトリウム、デキストリン、酸化Ti、無水ケイ酸、香料、黄5、赤102

濁河温泉

岐阜県の濁河温泉郷は霊峰御嶽山の7合目にある有数の高所温泉です。御嶽山の周囲には多くの温泉があり、その一つに下呂温泉があります。広大な自然に囲まれた濁河温泉の特徴は「茶色く濁った湯」です。鉄分を含んでるため茶色に濁った湯は、筋肉疲労に良く効く湯です。まさに山の上にある濁河温泉は原生林と空に囲まれた野趣あふれた温泉地です。

『濁河』の入浴剤が入った『日本の名湯』シリーズは二つあります。
日本の名湯 にごり湯の醍醐味:このシリーズは、にごり湯に特化して、8種類14包(2種類だけ1包のため14包になります)です。『濁河』は2包入ってます。にごり湯だけが良い人にはお勧めです。寒い時期には温泉情緒あふれるにごり湯でほっこり温泉気分です!

日本の名湯 通のこだわり:このシリーズは、にごり湯が4種類(4種類x2包の計8包)、透明湯が3種類(3種類x2包の計6包)の10種類14包入ってます。『濁河』は2袋はいっています。温泉通がおすすめのにごり湯と透明湯が楽しめます!

よかったらシェアしてね!