熊本肥後の湯『日本の名湯 黒川』- こころくつろぐ –

目次

体を芯まで温めて、肌をなめらかに整える黒川の湯

日本の名湯 黒川入浴剤パッケージ

入浴剤の色:オレンジ色
お湯の色:緑色 (にごり湯)
香り:田の原川の渓流を抜ける爽やかな風にのって漂う、やさしい野花の香り
【重曹芒硝湯】

おすすめの人(効能)

  • 肩のこり、腰痛、疲労回復、冷え症、荒れ性、しっしん、あせも、うちみ、くじき、神経痛、しもやけ、痔、リウマチ、ひび、あかぎれ、産前産後の冷え症、にきび

今日は体調があまりよくないので、優しい入浴剤がいいなぁ。

選んだのは、『日本の名湯』シリーズから「黒川」です。

黒川温泉は憧れの温泉地の一つなので楽しみです!

黒川温泉は、三十軒の宿と里山を「一つの温泉地」として考えて形作られています。喧騒から離れた山峡に位置し、のんびり心の洗濯ができそうな温泉地です。20年ほど前からずっと訪れたいと思いつつも、高級温泉地のイメージがあり、懐具合と相談して、なかなか行けていない温泉地です。

入浴剤「黒川」の特徴

  • こころがくつろぐ” ように作られている。
  • 懐かしさを感じる山峡の秘湯の里をイメージ
  • 熊本県を流れる田の原川(たのはらがわ)の渓流を抜ける爽やかな風にのって漂う、やさしい野花の香り
  • 木立の森を流れる渓流に映る木漏れ日を思わせる、幻想的なにごった緑色のお湯。

この「こころくつろぐ」、「自然の爽やかな香り」に惹かれて、今日はこの入浴剤に決定しました。

この入浴剤は、黒川温泉観光旅館協同組合との共同企画で作られ、温泉地の情緒を「湯色」と「香り」で表現してる黒川温泉公認の入浴剤です。

封を切ると、オレンジ色の粉末(パウダー)タイプの入浴剤がでてきます。

早速、お湯に溶かすと、緑色(公式の色)というより黄緑系のにごり湯になりました。

さささ~っと体を洗い流して、お湯に浸かります。

柔らかい色のにごり湯は優しい気持ちにしてくれますねぇ。

香りは、ほんのり芳香剤のような香りがします。※ドラッグストアで売っている一般的な芳香剤の香りに近いかな。

これが「渓流を抜ける爽やかな風に乗った優しい野花の香り」なんですね。

今日は体調が悪いので、10分ほど柔らかい黄緑のにごり湯に浸かって、早めに上がりました。

湯上り後は、汗が大量に出ました。

入浴剤には「体の芯から温める」とありますが、僕の体調も関係してそうです、、、

体調は不調ですが、
にごり湯でほっこりできたので満足♪
今日は早めに寝ます。おやすみなさい。

やっぱり憧れの黒川温泉行きたいなぁ~。

日本の名湯 黒川入浴剤の湯

『日本の名湯』シリーズのこだわり

  • 温泉地公認
  • 開発者が温泉地を直接訪れ、温泉分析表をもとに湯質を徹底研究
  • 温泉郷にいるような感覚を思わせるための「温泉情緒」へのこだわり
  • 温泉ならではの湯質(湯の感触)を再現
  • ご自宅のお風呂で本格的な温泉気分を満喫

『日本の名湯 黒川』 全成分

<有効成分>乾燥硫酸ナトリウム、炭酸水素Na、塩化K、沈降炭酸Ca
<その他の成分>L-グルタミン酸ナトリウム、カオリン、デキストリン、酸化Ti、トリ(カプリル・カプリン酸)グリセリル、無水ケイ酸、濃グリセリン、香料、黄色202(1)、黄4

黒川温泉

熊本・ 阿蘇山の北に位置する小さな温泉地「黒川温泉」は、全国屈指の人気温泉地です。黒川温泉は派手な看板や歓楽的な施設もなく、喧騒から離れてのんびりできる温泉地です。また、温泉街全体で一つの旅館のような雰囲気を作り出し、自然豊かな緑に囲まれた風情漂う温泉地です。

「黒川」は『日本の名湯』シリーズの「至福の贅沢」アソートパックに入ってます。
日本の名湯 至福の贅沢:このシリーズは、にごり湯が4種類(2種類x2包、2種類x1包の計6包)、透明湯が6種類(2種類x2包、4種類x1包の計8包)の10種類14包入ってます。『黒川』は1袋はいっています。にごり湯と透明湯が楽しめるお得なパックです!

よかったらシェアしてね!