和漢茶の香り!『温素 琥珀の湯~とろさら美肌湯』

目次

大地を感じる琥珀の湯と植物エキスの香りの極上バスタイム

温素の琥珀の湯入浴剤のパッケージ

入浴剤の色:スモーキーピンク
お湯の色:輝く琥珀色(透明な湯)
香り:心和む和漢茶の香り

おすすめの人

疲労回復、あせも、しっしん、にきび、ひび、あかぎれ、しもやけ、荒れ性、うちみ、くじき、肩のこり、神経痛、リウマチ、腰痛、冷え症、痔、産前産後の冷え症

今日は本格派入浴剤『温素 アルカリ温泉成分 詰め合わせパック』の「琥珀の湯<とろさら美肌湯>」を使います。

開けるとお線香のようなお香のような、僕好みの香りがします!

入浴剤のパウダーの色は、スモーキーピンク!

渋い色合いです。

この香りと色だけで、効きそう!!

パウダーを湯に入れると、

うぉっ

超濃厚なダークパープル。それから徐々にお湯と混じって心落ち着く大地の色である茶色の湯に。「輝く琥珀の湯色」というらしい。

悪くない湯色です。

浴室には漢方茶の香りが漂います。

パッケージには「和漢茶」の香りと書かれていたので、なるほど、これが和漢茶の香りかぁ。

お湯に足を入れると、少し底が滑りやすいので、ご注意。

湯船に浸かり、改めて香りをかぐと土の香りがします。あぁきらいじゃない。これは嫌いじゃないです。『モール泉』を再現してるんですね。

【モール泉】とは
モール泉の「モール」は湿原(泥炭地)を意味します。大昔の植物が堆積し、腐植物や植物由来の成分を豊富に含んだお湯として知られています。

この香りは、5種類の植物エキスゴボウエキス、ヨモギエキス、シラカバエキス、ドクダミエキス、チャエキス)が配合されてるからかもしれません。

いずれも大地を感じる植物で、5種類のエキスの香りのバランスが絶妙です。

お湯はお肌がヌルヌル、肌の滑りが非常にいいです。

本当にお肌は滑ります!

濃厚な琥珀の湯色と大地を感じる和漢茶の香り、心も身体も癒されます。

湯上りもぽかぽかで冬なのに汗がでてきました。バスソルトの時と同じです。

モール泉を再現した入浴剤に『日本の名湯 十勝川モール』(レビュー記事はこちら)がありますが、僕はこちらの『温素 琥珀の湯』の方が好みです。

体ぽかぽか、22時前なのに眠くなってきました。

温素の琥珀の湯入浴剤の湯色

『温素 琥珀の湯~とろさら美肌湯』の特徴

●なめらかでつるつるの感触で知られる【モール泉】の極上の湯ざわりを追求。
●【モール泉】とは
モール泉の「モール」は湿原(泥炭地)を意味します。大昔の植物が堆積し、腐植物や植物由来の成分を豊富に含んだお湯として知られています。
●5種類の植物エキス配合(保湿成分)。
ゴボウエキス、ヨモギエキス、シラカバエキス、ドクダミエキス、チャエキス

『温素 琥珀の湯~とろさら美肌湯』全成分

●有効成分…炭酸水素ナトリウム、炭酸ナトリウム
●その他の成分…ポリアクリル酸塩、無水ケイ酸、香料、ステアリン酸 PEG、POE(300)POP(55)、サリチル酸、グリシン、石けん用素地、ゴボウエキス、ヨモギエキス、BG、シラカバエキス、ドクダミエキス、チャエキス(1)、乾燥硫酸Na、青色1号、赤色102号、黄色4号

『温素』の入浴剤

アルカリの湯のまろやかさが味わえる。本格志向の方におすすめの入浴剤。

【アルカリ湯質とは】
古くから「美人の湯」として知られる湯質です。アルカリ性のお湯が、お肌にヌルヌル感を与えます。「温素」はこの湯質を科学し、本格感のある湯ざわりを目指しました。

  1. アルカリ温泉成分(炭酸ナトリウム)配合。
    ・湯の中にじんわりと溶け込み、温浴効果を高め、血行を促進し、身体の芯まで温めます。疲れて、こり固まった身体をやさしくほぐします。
  2. 温泉成分(炭酸水素ナトリウム)配合。
    ・まろやかな湯ざわりを実感いただけます。湯上り後のお肌をつるつる、さらさらにします。
  3. アレルギーテスト済み(全ての方にアレルギーが起きないというわけではありません。)
  4. 浴槽・風呂釜をいためるイオウ不使用。

『温素 琥珀の湯&白華の湯 詰合せパック』は2種類とも楽しめるからオススメ!温素琥珀の湯 3包、温素白華の湯 3包の計6包入ってます。

よかったらシェアしてね!