信州の湯『日本の名湯 野沢』- こころのびのび –

目次

かけ流しの信州の湯「野沢温泉」、新鮮感のある透明な青緑色の湯

日本の名湯の野沢入浴剤のパッケージ

入浴剤の色:モスグリーン
お湯の色:青緑色 (透明タイプ)
香り:青い空と菜の花の香りをのせた、爽やかな風と新鮮な水の香り
【芒硝湯】

おすすめの人(効能)

  • 肩のこり、腰痛、疲労回復、冷え症、荒れ性、しっしん、あせも、うちみ、くじき、神経痛、しもやけ、痔、リウマチ、ひび、あかぎれ、産前産後の冷え症、にきび

今日は精神的に疲れ、気持ちも沈んでるので、刺激が少ない入浴剤で癒されたいなぁと、選んだのは『日本の名湯』シリーズの「野沢」です。

こんなときは温泉のような入浴剤が恋しくなります。

長野県、信州にある野沢温泉の野沢温泉野沢会との共同企画で作られた入浴剤です。野沢温泉の泉質・香り・効能などを調べあげて開発。野沢温泉の管理組合が正式に認めた入浴剤です。

この入浴剤に決定したポイントは、湯色と香りです。

湯色:かけ流しのお湯の新鮮感を表現した透明な青緑色のお湯
香り:青い空と菜の花の香りをのせた、爽やかな風と新鮮な水の香り

心を落ち着かせて、癒してくれそう。

入浴剤のパウダーは薄めのモスグリーン。

さらさらとお湯に溶かします。

パウダータイプは錠剤に比べて溶けるのは早いですね。

お湯は爽やかな深緑の色です。

透明感があり清々しさを感じさせつつも薄い深めのグリーンで良い感じ♪

香りは強くなく、優しく柔らかい香りです。

これが「青い空と菜の花の香りをのせた、爽やかな風と新鮮な水の香り」なんですね。

この湯色と香りは、気持ちを落ち着かせ、リラックスさせてくれます。

今日の気分にピッタリ、選んで正解でした。

この入浴剤「野沢」は朝風呂にも良さそう!

湯上り後は、汗がドッと出てきました。

気持ちの疲れも一緒に洗い流せて、眠くなってきました。

明日もがんばります!おやすみなさい。

日本の名湯の野沢入浴剤の湯

『日本の名湯』シリーズのこだわり

  • 温泉地公認
  • 開発者が温泉地を直接訪れ、温泉分析表をもとに湯質を徹底研究
  • 温泉郷にいるような感覚を思わせるための「温泉情緒」へのこだわり
  • 温泉ならではの湯質(湯の感触)を再現
  • ご自宅のお風呂で本格的な温泉気分を満喫

『日本の名湯 野沢』 全成分

<有効成分>乾燥硫酸ナトリウム、炭酸水素Na、塩化Na、沈降炭酸Ca、塩化K
<その他の成分>L-グルタミン酸ナトリウム、無水ケイ酸、香料、青2、黄202(1)

野沢温泉(野沢温泉村)

野沢温泉村は長野県にある温泉で、村名に「温泉」がはいっている珍しい村です。「野沢温泉」として知られ、野沢菜の発祥地としても有名です。温泉としての歴史も古く聖武天皇(724~748年)の時代までさかのぼると言われています。国の天然記念物に指定される麻釜熱湯噴湯(おがまねっとうふんとう)、通称『麻釜』と呼ばれる源泉が噴き出している湯だまりがあります。野沢温泉は天然温泉100%かけ流しが楽しめる温泉地です。

「野沢」は『日本の名湯』シリーズの「至福の贅沢」アソートパックに入ってます。
日本の名湯 至福の贅沢:このシリーズは、にごり湯が4種類(2種類x2包、2種類x1包の計6包)、透明湯が6種類(2種類x2包、4種類x1包の計8包)の10種類14包入ってます。『野沢』は2袋はいっています。にごり湯と透明湯が楽しめるお得なパックです!

よかったらシェアしてね!