硫黄の香り、まさに温泉!『温素 白華の湯~ぜいたく華の湯』

目次

心落ち着く乳白色の湯と硫黄の香り、本格志向の極上バスタイム

温素の白華の湯入浴剤のパッケージ

入浴剤の色:白いパウダー
お湯の色:輝く乳白色(にごり湯)
香り:ほんのり漂う硫黄の香り

おすすめの人

疲労回復、あせも、しっしん、にきび、ひび、あかぎれ、しもやけ、荒れ性、うちみ、くじき、肩のこり、神経痛、リウマチ、腰痛、冷え症、痔、産前産後の冷え症

今日届いた『温素 アルカリ温泉成分 詰め合わせパック』から「白華の湯<ぜいたく華の湯>」をチョイス。
本格志向の人におすすめとのうたい文句が気になっていたんだよなぁ。

パッケージもシンプルにして高級感が漂う。

特徴
古くから「美人の湯」として知られる湯質であるアルカリのまろやかな湯で極上の湯ざわりが味わえる。
輝く乳白色と湯と硫黄の香り

ますます期待が高まります!

入浴剤は、パウダータイプのホワイト。
袋を開けると、シッカロールの香り?お香の香り?
嫌いじゃない。

とりあえず、お湯に溶かします。

澄んだ乳白色の湯になりました。にごり湯で「澄んだ」とはおかしいですが、そんな感じです。

いつもの通り、全身を洗って、お湯に浸かると、まだ浴槽の底にパウダーが溶けきれずに残って、少しざらざらしました。

他の入浴剤だと、このタイミングでは溶けきってるのに、少し溶けるのに時間がかかるようです。

香りは、「硫黄の香り」のはずですが、お湯を掬って直接匂いを嗅ぐと、なんだろう、この香りは、、、お品の良いお香の香り? 嫌いじゃないです、この香り。

数回パシャパシャと軽くお湯を掬っていると、

お!

ふわっと硫黄の香りがします。
確かに硫黄の香りです!(なお、浴槽を痛める本物の硫黄は入っていません。)

入浴剤で温泉を感じさせるのはなかなかだとほめてあげたい!

湯質はとろりとしてまろやかです。

乳白色のまろやかな湯質、温泉を想像させる香りでリラックスさせてくれます。

総合的に良い入浴剤です。これ好きですね。

旅館で温泉に浸かった気分になり、良い睡眠がとれそう。

体ぽかぽか、22時前なのに眠くなってきました。

温素の白華の湯入浴剤の湯色

『温素 白華の湯~ぜいたく華の湯』の特徴

●白く輝くなめらかな【硫黄の湯】の極上の湯ざわりを追求。
●湯の華由来成分(硫酸カルシウム)配合(基剤)。
【湯の華】とは
お湯の不溶性成分が析出沈殿したもので、硫黄、カルシウム、アルミニウム、鉄、珪素など、様々な元素を含んでいるものとして知られています。

『温素 白華の湯~ぜいたく華の湯』全成分

●有効成分…炭酸水素ナトリウム、炭酸ナトリウム
●その他の成分…酸化Ti、ポリアクリル酸塩、香料、無水ケイ酸、ポリアクリル酸Na、ポリアクリル酸、ベントナイト、サリチル酸、ステアリン酸PEG、グリシン、硫酸Ca

『温素』の入浴剤

アルカリの湯のまろやかさが味わえる。本格志向の方におすすめの入浴剤。

【アルカリ湯質とは】古くから「美人の湯」として知られる湯質です。アルカリ性のお湯が、お肌にヌルヌル感を与えます。「温素」はこの湯質を科学し、本格感のある湯ざわりを目指しました。

  1. アルカリ温泉成分(炭酸ナトリウム)配合。
    ・湯の中にじんわりと溶け込み、温浴効果を高め、血行を促進し、身体の芯まで温めます。疲れて、こり固まった身体をやさしくほぐします。
  2. 温泉成分(炭酸水素ナトリウム)配合。
    ・まろやかな湯ざわりを実感いただけます。湯上り後のお肌をつるつる、さらさらにします。
  3. アレルギーテスト済み(全ての方にアレルギーが起きないというわけではありません。)
  4. 浴槽・風呂釜をいためるイオウ不使用。

『温素 琥珀の湯&白華の湯 詰合せパック』は2種類とも楽しめるからオススメ!温素琥珀の湯 3包、温素白華の湯 3包の計6包入ってます。

よかったらシェアしてね!