北欧スタイルのロウリュ フィンランドバスソーク 花白樺(はなしらかば)

目次

炭酸と熱気芳香、爽やかな白樺の花の香りに包まれる
~早春の季節フィンランドの森に開花する爽やかな白樺の花の香り~

ファインランドバスのロウリュの花白樺の香り入浴剤パッケージ

入浴剤の色:鶯(うぐいす)色
お湯の色:黄緑色(透明湯)
※はじめは泡でお湯が見えませんが、しばらくすると黄緑色の透明湯がみえてきます。
香り:爽やかな白樺の花の香り

おすすめの人

  • 北欧バス気分を味わいたい
  • 花白樺の香りで癒されたい
  • リラックスしたい
  • 汗を出したい
  • 心身の緊張・ストレスをほぐしたい

小さな泡がしゅわしゅわと出てきて、細かい泡がお湯の表面を覆います。

浴槽の底は滑りやすいのでご注意!

気を付けて、ゆっくり入ります。

『フィンランドバスソーク ホワイトバーチ:さわやかな白樺の香り』と同じように体全体をプルル~ンとしたヴェールが包みこみます。

白樺と少しフローラルが混じった香りです。

表面の泡は徐々に消え、きれいな透き通った黄緑色になります。

同じフィンランドバスソークシリーズの『ホワイトバーチ:さわやかな白樺の香り』より、こちらのほうがヴェール感が強く、肌をプルルル~ン、トロロ~ンと包み気持ちがいいです。

超超濃厚です!

この2つの入浴剤の違いは、以下2点かな。

  1. お湯の色:ホワイトバーチは乳白色ですが、こちらは透き通った黄緑色
  2. 香り:ホワイトバーチは白樺の香り、こちらは白樺+フローラルの香り

どっちが良いかは、好みの問題ですが、僕は白樺の香りだけに絞ったホワイトバーチの方が好みです。
綺麗な黄緑色の湯と少しフローラルの香りがする『ロウリュ 花白樺』は季節を選ばず使ってます。

寒い時期につかっている、乳白色のにごり湯と純粋な白樺Onlyの香りの『ホワイトバーチ:さわやかな白樺の香り』の記事はこちらです。

ファインランドバスのロウリュの花白樺の香り入浴剤の湯

配合されている成分

炭酸&熱気芳香浴ロウリュ:花白樺(はなしらかば)のこだわり

  • ヨーロッパシラカバ樹皮エキス、フユボダイジュ花エキス、ホホバオイル(天然保湿成分)、シベリアモミオイルを使用
  • 防腐剤(パラベン)不使用
  • パラフィン、シリコン不使用
  • 鉱物油や浴槽をいためるイオウ不使用
  • 浴槽に入れた瞬間に炭酸の超微細な泡の炭酸ガスが発生

炭酸&熱気芳香浴ロウリュ フィンランドバスソーク:花白樺(はなしらかば) 全成分

成分:炭酸Na、硫酸Na、デキストリン、セルロースガム、リンゴ酸、ポリソルベート80、ホホバ油、テレビン油、シベリアモミ油、フユボダイジュ花エキス、ヨーロッパシラカバ樹皮エキス、水、エタノール、BG、PEG-115M、香料、黄4、青1、黄202(1)

ロウリュ フィンランドバスソークのバスソルト

「ロウリュ」それは熱気と芳香を楽しむ北欧式スタイルの入浴剤。
「ロウリュ」それはサウナの原点ともいわれ、フィンランド語で「ゆっくりと降り注ぐ熱気」という意味。
熱したサウナストーンに水をかけると、発生した蒸気が舞い降りて全身を包み込むことから、こう名付けられました。
濃厚な入浴剤で、2種類の香りがあります。

炭酸&熱気芳香浴ロウリュ フィンランドバスソークのバスソルト一覧

小袋になっているので、まとめて試しやすいです。
たんたん流の買い方は、気になる小袋を複数まとめ買いして、気分によって入浴剤を使い分けてます。

よかったらシェアしてね!