きき湯『食塩炭酸湯』~つらい冷えと疲労感に

『きき湯 食塩炭酸湯』入浴剤

目次

爽やかな香りとミルキーグリーンの湯に包まれるバスタイム♪

『きき湯 食塩炭酸湯』入浴剤パッケージ

入浴剤の色:薄いオレンジ
お湯の色:乳緑色(にごり湯)
香り:潮騒の香り

おすすめの人

  • つらい冷え症
  • 疲労が気になる
  • 腰痛、肩のこり、疲労回復、冷え症、産前産後の冷え症、神経痛、リウマチ、うちみ、くじき、痔、荒れ症、しっしん、しもやけ、ひび、あかぎれ、あせも、にきび

「その日の症状、その日のうちに」がコンセプトの炭酸入浴剤「きき湯」シリーズから冷え症・疲労に効く『食塩炭酸湯』です。

きき湯シリーズは、症状に合わせて6タイプで展開しています。

今回の『食塩炭酸湯』は、特にこんな人におススメです。

・空調や気温で、手足の冷えが気になる人
つらい冷えに+たまる疲労感を撃退したい人


一日の終わりに冷えと疲労を撃退します!


ただ、この入浴剤、香りが気になります。。。『潮騒の香り』

潮騒とは:(潮が満ちて来る時)波が大きい音をたてること。その響き。


『潮騒』は香りですらない、、、でも海っぽい香りのはず!

クーラーで冷えた体を温め、海の香りに包まれリラックスするぞ(^^♪

封を開けると、独特な形状をした入浴剤が出てきます。(上の写真参照)

ブリケット形状と言うらしいです。

ブリケット形状の特徴
温泉ミネラル成分(有効成分)が凝縮した独特なツブ形状(ブリケット形状)で、豊かな発泡を生みます。温泉ミネラル成分と炭酸ガスが、素早くしっかりお湯に溶け込みます。


「潮騒の香り」は、爽やかな柑橘を想わせる香りでした。

入浴剤をお湯に入れると、すごい勢いで泡がボコボコ出て溶け始めます。


あまりの勢いの良さにビックリです。

これがブリケット形状の威力か!

お湯の色は、優しいグリーンのにごり湯です。(下のバスタブ写真)

パッケージがオレンジだったので、オレンジ系の湯色を想像していましたが、優しいグリーンの湯でびっくりしました。

浴室には爽やかな柑橘系の香り広がります。

柑橘系以外の爽やかさも感じるのですが、それが何か分かりません。

でも良い感じの爽やかさです♪

体を軽く洗い流してお湯に入ります。

やさしいミルキーグリーンにほっこり癒されます。

爽やかな柑橘系の香りも良い感じ♪

あっ!

もう一つ感じてた爽やかさは、もぎたてトマトの香りです!

トマトの青々しい爽やさを想わせる香りが混じっています。(個人的な印象です)

これは好きな香りです(^^♪♪

のぼせてきたので、一旦上がって体をしっかり洗います。

今回合わせるボディソープは、海つながりでマリンノート(海の香り)モルトンブラウン『サイプレス&シーフェンネル』です。

サイプレス&シーフェンネル
オーストラリアのシーフェンネルとソルティなサイプレスにアロマティックなベースのカルダモンがブレンドされた、マリンノートの香り。モルトンブラウンのパイオニアスピリットを表現し、海のエネルギーと陸の自然の雄大さを感じさせます。

入浴剤の潮騒の香りとボディソープのサイプレス&シーフェンネルの香りマリーンノートの相乗効果です♪

湯上り後は、汗が流れ出ます。
ずっとクーラーの中にいた体に、しっかりときき湯『食塩炭酸湯』が効きました!

お風呂上りは、小腹がすいたので、トウモロコシをレンチンして食べました(^^♪

『きき湯 食塩炭酸湯』入浴剤の湯

『きき湯 食塩炭酸湯』のこだわり

空調や気温で、手足の冷えが気になる人におすすめ。
「きき湯 食塩炭酸湯」は、配合している温泉ミネラル成分「食塩(有効成分)」を由来として名づけられています。

<特徴>

  • 炭酸ガスと食塩が温浴効果を高め血行を促進
  • 体を芯まで温め肌表面に保温ベールを作り、湯上り後の保温作用が高めて「つらい冷え・疲労」を和らげる。
  • たまった疲労感をいやし体をラクにします。

『きき湯 食塩炭酸湯』全成分

●有効成分…塩化Na、炭酸水素Na、炭酸Na
●その他の成分…フマル酸、DL-リンゴ酸、デキストリン、酸化Ti、L-グルタミン酸ナトリウム、グルコン酸亜鉛、コメヌカ油(リッチオリザ)、酸化Mg、POE(カプリル・カプリン酸)グリセリル、PVP、PEG(120)、軽質イソパラフィン、エチレンジアミンテトラPOE・POP、無水ケイ酸、BHT、香料、黄202(1)、青2

『きき湯』のこだわり

  • 体を包み込む炭酸ガス
    発泡してお湯に溶け込んだ炭酸ガスが温浴効果をアップ。血行・新陳代謝を促進し身体を芯まで温め、疲れや肩や腰の痛みを緩和。
  • 温泉ミネラル(有効成分)
    症状に合わせて6タイプで展開している「きき湯」。症状ごとに効果的な温泉ミネラル成分(有効成分)を配合。*温泉の湯を再現したものではありません。
    温泉ミネラル成分:硫酸マグネシウム、塩化カリウム、芒硝、食塩、炭酸カルシウム、重曹、ミョウバン。各アイテム毎に配合されている有効成分は異なります。
  • 豊かな発泡!ブリケット形状のツブ
    温泉ミネラル成分(有効成分)が凝縮した独特なツブ形状(ブリケット形状)。温泉ミネラル成分と炭酸ガスが、素早くしっかりお湯に溶け込みます。
  • 温泉科学プロジェクトから保湿成分として亜鉛を新配合
  • α―ピネンを配合した気分やすらぐ香り
    α―ピネン:森林のすがすがしい空気に含まれる樹木精油中の芳香成分。

『きき湯』のバスソルト

「きき湯」のテーマは「その日の症状、その日のうちに。」
「きき湯」シリーズは症状に合わせて下の6タイプの炭酸入浴剤を展開しています。

『きき湯』のバスソルト一覧

  1. マグネシウム炭酸湯(腰痛、肩のこり)/カボスの香り・青緑色の湯:レビュー記事
  2. カリウム芒硝炭酸湯(肩のこり、疲労回復)/はちみつレモンの香り・レモン色の湯
  3. 食塩炭酸湯(冷え症、疲労回復)/潮騒の香り・乳緑色の湯:本記事
  4. カルシウム炭酸湯(疲労回復、肩のこり)/ラムネの香り・青空色の湯
  5. クレイ重曹炭酸湯(肌荒れ、しっしん)/湯けむりの香り・乳白色の湯
  6. ミョウバン炭酸湯(にきび、肌荒れ)/リーフの香り・すみれ色の湯

「きき湯」と「きき湯ファインヒート」の違いは?

「きき湯」とは:
具体的症状に対して「その日の症状、その日のうちに」をコンセプトに「気になる諸症状を和らげる」ことを目的に作られた入浴剤。何か気になる症状がある時、例えば、肩こり・腰痛などといった症状に合わせて選んでください。

「きき湯ファインヒート」とは:
現代人が抱える症状や悩みに着目した健康増進をサポートする入浴剤。「きき湯」より高濃度炭酸ガスで、ジンジャー末が配合されているので、温浴効果を高め、体の芯まで温める入浴剤です。

おススメの入浴剤の購入方法は、気になる入浴剤をまとめて購入して、気分によって入浴剤を使い分けることです!

この 『きき湯 食塩炭酸湯』 はYahooショッピング、楽天、Amazonで購入できます。ショップによって価格が異なるので、値段を確認して購入してください。

素敵な入浴剤に出会えますように!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!