菜の花色でノスタルジック! 旅の宿『登別』

目次

落ち着いた花の香りがする入浴剤

旅の宿 登別

入浴剤の色:橙色(オレンジ色)
お湯の色:菜の花色(透明タイプ)
【含食塩芒硝重曹湯】
香り:落ち着いた花の香り

おすすめの人(効能)

  • 疲労回復、冷え症、肩のこり、腰痛、神経痛、リウマチ、あれ症、あせも、しっしん、しもやけ、ひび、あかぎれ、うちみ、痔、産前産後の冷え症

薬用入浴剤「旅の宿 とうめい湯シリーズ」の『登別』です。

まずは入浴剤の色に驚きます!

さらさらの橙色です。

これを溶かすと、透明の菜の花色(黄緑色)になります。

柔らかな香りです。

決して強くはありませんが、優しい菜の花色の湯とほのかな香りでリラックスできます。

悪い意味でなく、パッケージも香りも昔懐かしい感じがする入浴剤です。

気負いなく使えるという点では、日常使いに向いている入浴剤です。

登別の湯

『旅の宿』シリーズのこだわり

  • 温泉の世界観にこだわり、日本人の心の安らぎ、日本の情緒を追求しつづけた入浴剤
  • 温泉含有保湿成分(お肌ツルツル)
    名湯と呼ばれるほとんどの温泉に含まれている「メタケイ酸*1」を配合。
    まるで温泉に入ったときのようなつるつる感
    *1メタケイ酸の効果について
    メタケイ酸ナトリウムとは、ほとんどの温泉に含まれている無色透明の保湿成分のこと。
    温泉の美肌効果やうるおい効果を実現させ、皮膚の持つみずみずしさを保つ成分です。
  • 温泉含有香気成分(気分ゆったり)
    温泉の持つリラックス感にこだわり、特有の香りに注目。
    「温泉含有香気成分*2」を配合し、香りから本格的な温泉の雰囲気が楽しめます。
    *2温泉含有香気成分の効果について
    日本全国の有名温泉の温泉源泉水を分析した結果、温泉地近郊の豊かな自然資源が、温泉の香りのもとだったことが判明しました。
    旅の宿では、豊かな自然の恵みを含んだ温泉源泉水の香り成分「温泉含有香気成分」を配合。
  • 温泉ミネラル(からだあったか)
    温浴効果にこだわり、炭酸ナトリウムなどを含んだ「温泉ミネラル」を配合。
    ポカポカと体の芯まで温めてくれます。

旅の宿 とうめい湯シリーズ『登別』 全成分

無水硫酸ナトリウム、炭酸水素Na、塩化Na、塩化K、チンピ末、トウキ末、香料、合成ケイ酸Al、黄202(1)、無水メタケイ酸Na、橙205、オレイン酸POE(20)ソルビタン、BG

登別温泉

北海道を代表する名湯である登別温泉。9種類もの泉質が湧き出す珍しい温泉地で、「温泉のデパート」とも呼ばれている。
一か所で多種多様な泉質を楽しめるとあって人気の温泉郷です。

『登別』の入浴剤が入っているシリーズは、下の『旅の宿 とうめい湯シリーズパック』です。『登別』の他には『箱根』『草津』『別府』『白浜』の名湯で構成され、5種類x3包の計15包入っています。

よかったらシェアしてね!