名湯のにごり湯『奥飛騨』:旅の宿 にごり湯シリーズ(薬用入浴剤)

目次

ほのかな緑のにごり湯に癒され温泉気分。

旅の宿の奥飛騨入浴剤パッケージ

入浴剤の色:鶯(うぐいす)色
お湯の色:白緑色(びゃくろくいろ)(にごり湯)
香り:花と森の香り
【含食塩芒硝重曹湯】

おすすめの人(効能)

  • 疲労回復、冷え症、肩のこり、腰痛、神経痛、リウマチ、あれ症、あせも、しっしん、しもやけ、ひび、あかぎれ、うちみ、痔、産前産後の冷え症

目が疲れて、しゅばしゅばします。

やさしくやさしく癒されたい気分です。

なので、ガツンとくるバスソルト系は避け、

手に取ったのは、薬用入浴剤『旅の宿 にごり湯シリーズ』の「奥飛騨」。

色のにごり湯」と「飛騨温泉の湯」に惹かれました。

封を開けると、ああ~何だかかしい、いい香り♪

甘いフローラルの香り、それも懐かしい昭和の香り。

森林の香りもします、それも懐かしい昭和の香り。

鶯(うぐいす)色の入浴剤パウダーをさらさらと湯に溶かすと、ほんのり緑がかった乳白色のにごり湯になりました。

ああ、この色は癒されます!

浴室内の香りは、ほのかにする程度かな。

封を開けた時が一番香るようです。

優しく緑がかった乳白色の湯に浸かります。

やっぱり、いい色♪

ゆったりとした気分になります。

湯からは、あまり香りませんが、湯を掬った手の平からはしっかり香りがします!

あまいフローラルの香りで、その奥に森の香りがします。

何の花か全然分かりませんが、それも含めて、昭和を想わせるノスタルジックな香りです。

この感じ懐かしくてき。

の~んびりと浸かりました。

湯上り後は、体ポカポカで汗がじわ~っと出てきます。

温泉ミネラル、生薬のチンピトウキが入ってるからかなぁ。

それに、名湯と呼ばれるほとんどの温泉に含まれているお肌つるつる成分の「メタケイ酸」というのも含まれているそうです。

確かに湯上り後はしっとり、つるつるしますね。

ただいま、のんびりくつろぎ中。
眠たくなってきた、、、、
もうすぐ、バタンキューします。

旅の宿の奥飛騨入浴剤の湯

配合されている生薬

『旅の宿』シリーズのこだわり

  • 温泉の世界観にこだわり、日本人の心の安らぎ、日本の情緒を追求しつづけた入浴剤
  • 生薬(チンピ・トウキ)配合
  • 温泉含有保湿成分(お肌ツルツル)
    名湯と呼ばれるほとんどの温泉に含まれている「メタケイ酸*1」を配合。
    まるで温泉に入ったときのようなつるつる感
    *1メタケイ酸の効果について
    メタケイ酸ナトリウムとは、ほとんどの温泉に含まれている無色透明の保湿成分のこと。
    温泉の美肌効果やうるおい効果を実現させ、皮膚の持つみずみずしさを保つ成分です。
  • 温泉含有香気成分(気分ゆったり)
    温泉の持つリラックス感にこだわり、特有の香りに注目。
    「温泉含有香気成分*2」を配合し、香りから本格的な温泉の雰囲気が楽しめます。
    *2温泉含有香気成分の効果について
    日本全国の有名温泉の温泉源泉水を分析した結果、温泉地近郊の豊かな自然資源が、温泉の香りのもとだったことが判明しました。
    旅の宿では、豊かな自然の恵みを含んだ温泉源泉水の香り成分「温泉含有香気成分」を配合。
  • 温泉ミネラル(からだあったか)
    温浴効果にこだわり、炭酸ナトリウムなどを含んだ「温泉ミネラル」を配合。
    ポカポカと体の芯まで温めてくれます。

旅の宿 にごり湯シリーズ『奥飛騨』全成分

●有効成分…無水硫酸ナトリウム、炭酸水素Na、塩化Na、チンピ末、トウキ末 ●その他の成分…酸化Ti、PEG(120)、香料、合成ケイ酸Al、POEステアリルエーテル、オレイン酸Na、PEG(400)、ステアリン酸PEG、無水ケイ酸、無水メタケイ酸Na、石けん用素地、オレイン酸POE(20)ソルビタン、ステアリン酸ソルビタン、BG、黄202(1)、青1

奥飛騨温泉

岐阜県の北アルプスの懐に位置する5つの温泉地(平湯温泉、福地温泉、新平湯温泉、栃尾温泉、新穂高温泉)から構成される温泉郷です。歴史も古く、平家の落ち武者伝説や、村上天皇(平安時代)が訪れたといわれています。日本百名湯にも選ばれている大自然に包まれた温泉郷です。

『奥飛騨』は、薬用入浴剤『旅の宿 にごり湯シリーズパック』に入っています。『奥飛騨』の他に『十和田』『信州白骨』『霧島』の計4つの名湯入浴剤で構成されています。十和田・奥飛騨・霧島×各3包 信州白骨×4包の計13包入っています。

「旅の宿 にごり湯シリーズ」に入っている入浴剤のレビュー記事へのリンクです。

よかったらシェアしてね!