水色のにごり湯『霧島』:旅の宿 にごり湯シリーズ(薬用入浴剤)

目次

甘い花の香りと優しいにごり湯でほっこり温泉気分。

旅の宿の霧島入浴剤パッケージ

入浴剤の色:水色
お湯の色:薄浅葱色(うすあさぎいろ)(にごり湯)
香り:明るいお花畑の香り
【重曹芒硝湯】

おすすめの人(効能)

  • 疲労回復、冷え症、肩のこり、腰痛、神経痛、リウマチ、あれ症、あせも、しっしん、しもやけ、ひび、あかぎれ、うちみ、痔、産前産後の冷え症

和の入浴剤を使いたいなぁと選んだのは、薬用入浴剤『旅の宿 にごり湯』シリーズから『霧島』です。

パッケージの見た目は完全にです。

パッケージ:
木田安彦画伯の版画で、古くからの日本独特の原風景が彫られていて、「旅の宿」の世界観を出しています。

「天孫降臨」の神話で有名な霧島神宮のある鹿児島県の『霧島温泉』の湯を分析して作られた入浴剤とのことで、九州、霧島の湯はどげんやろね~(どうだろうね)、楽しみ♪

封を開けると、

ふぉっ、あま~いお花畑の香り♪

パッケージのごつさとは対照的に、柔らかく甘い香りです。

まさにパケージに書いてる通りの香り!

入浴剤のパウダーは水色。

さらさらとお湯へいれると、

水色の優しいにごり湯になりました。

浴室には甘い花の香りが漂いますが、パッケージ開封時より弱い香りです。

お湯に浸かると、香りはかなり弱くなり、ほのかに香る程度になります。

お湯に溶かすと、香りは一気に弱くなるようです。

でも(日常使いとしてなら)総合的には悪くないです。

水色のにごり湯と、ほのかに香るお湯で、ホンワカ気分が味わえます♪

心だけでなく、肌もホンワカ喜んでるはず!

というのも、このシリーズには名湯と呼ばれる多くの源泉に含まれているつるつる成分の「メタケイ酸」、生薬のチンピトウキが配合されてます。

湯上り後も、体ポカポカです。

バスソルトほど汗は出ませんが、程よく体の芯から温まり、丁度良い感じです!

肩ひじ張らずに、手軽に温泉ホンワカ気分が味わえるので、日常使いに最適です。

今日も良いお湯でした♪
「霧島」さん、ありがと。

旅の宿の霧島入浴剤の湯

配合されている生薬

『旅の宿』シリーズのこだわり

  • 温泉の世界観にこだわり、日本人の心の安らぎ、日本の情緒を追求しつづけた入浴剤
  • 生薬(チンピ・トウキ)配合
  • 温泉含有保湿成分(お肌ツルツル)
    名湯と呼ばれるほとんどの温泉に含まれている「メタケイ酸*1」を配合。
    まるで温泉に入ったときのようなつるつる感
    *1メタケイ酸の効果について
    メタケイ酸ナトリウムとは、ほとんどの温泉に含まれている無色透明の保湿成分のこと。
    温泉の美肌効果やうるおい効果を実現させ、皮膚の持つみずみずしさを保つ成分です。
  • 温泉含有香気成分(気分ゆったり)
    温泉の持つリラックス感にこだわり、特有の香りに注目。
    「温泉含有香気成分*2」を配合し、香りから本格的な温泉の雰囲気が楽しめます。
    *2温泉含有香気成分の効果について
    日本全国の有名温泉の温泉源泉水を分析した結果、温泉地近郊の豊かな自然資源が、温泉の香りのもとだったことが判明しました。
    旅の宿では、豊かな自然の恵みを含んだ温泉源泉水の香り成分「温泉含有香気成分」を配合。
  • 温泉ミネラル(からだあったか)
    温浴効果にこだわり、炭酸ナトリウムなどを含んだ「温泉ミネラル」を配合。
    ポカポカと体の芯まで温めてくれます。

旅の宿 にごり湯シリーズ『霧島』全成分

●有効成分…無水硫酸ナトリウム、炭酸水素Na、チンピ末、トウキ末 ●その他の成分…酸化Ti、PEG(120)、香料、合成ケイ酸Al、POEステアリルエーテル、オレイン酸Na、PEG(400)、ステアリン酸PEG、無水ケイ酸、無水メタケイ酸Na、石けん用素地、オレイン酸POE(20)ソルビタン、ステアリン酸ソルビタン、BG、青1

霧島温泉

「天孫降臨」の神話で有名な霧島神宮がある鹿児島県の霧島には4つの温泉郷(霧島神宮温泉郷、霧島温泉郷、妙見・安楽温泉郷、日当山温泉郷)があります。深い緑に囲まれ、モクモクと沸き立つ湯けむりは風情があります。それぞれの温泉郷は、泉質も様々で、効能も異なり、個性あふれる源泉かけ流しの天然温泉が楽しめます。

『霧島』は、薬用入浴剤『旅の宿 にごり湯シリーズパック』に入っています。『霧島』の他に『十和田』『奥飛騨』『信州白骨』の計4つの名湯入浴剤で構成されています。十和田・奥飛騨・霧島×各3包 信州白骨×4包の計13包入っています。

「旅の宿 にごり湯シリーズ」に入っている入浴剤のレビュー記事へのリンクです。

よかったらシェアしてね!