奥飛騨の湯『日本の名湯 奥飛騨新穂高』- 気分解きはなつ –

目次

肌をつるつるにして体を温める奥飛騨の湯

日本の名湯「奥飛騨新穂高」入浴剤パッケージ

入浴剤の色:モスグリーン
お湯の色:美しい山々の連なりを想わせる緑色 (透明な湯)
香り:槍ヶ岳から流れるひんやりと澄んだ清風の香り
【重曹湯】

おすすめの人(効能)

  • 肩のこり、腰痛、疲労回復、冷え症、荒れ性、しっしん、あせも、うちみ、くじき、神経痛、しもやけ、痔、リウマチ、ひび、あかぎれ、産前産後の冷え症、にきび

今日は『日本の名湯』シリーズの「奥飛騨新穂高」です。

これに決めた理由は、目に入ったからです。

直感も重要(^^)

入浴剤「奥飛騨新穂高」の特徴は”気分を解きはなつ”とのこと。

ゆったりできそうな予感♪

槍ヶ岳から流れるひんやりと澄んだ清風の香り」というのも気になります。

この入浴剤は、奥飛騨温泉郷観光協会との共同企画で作られ、温泉地の情緒を「湯色」と「香り」で表現してる奥飛騨温泉公認の入浴剤です。

封を切ると、モスグリーン色の粉末(パウダー)タイプの入浴剤がでてきます。

早速お湯に溶かすと、爽やかな緑色の透明湯になり、浴室は優しい香りに包まれます。

ささ~っと体を洗って、お湯に浸かります。

どこか懐かしさを感じる優しい香りです。嫌いではありません。

香りの中に、妻はアップルっぽい香りを、僕はフローラル系の香りをほのかに感じました。

人によって捉え方は様々ですね。

これが、妻と僕が感じた「槍ヶ岳から流れるひんやりと澄んだ清風の香り」です。

爽やかなグリーンの湯色は、優しい清々しさを感じさせてくれるので良い感じです♪

15分くらいのんびり浸かって、疲れた脳を休めます。あ~今日も頑張った。

バスソルトほど汗が吹き出ないので、ついつい長湯しそうになりました。

頭が疲れた時はグリーンの湯と優しい香りが合いますね(^^

湯上り後は、程よく汗が吹き出ます。

リラックスできたお湯でした。
おやすみなさい。

日本の名湯「奥飛騨新穂高」入浴剤の湯

『日本の名湯』シリーズのこだわり

  • 温泉地公認
  • 開発者が温泉地を直接訪れ、温泉分析表をもとに湯質を徹底研究
  • 温泉郷にいるような感覚を思わせるための「温泉情緒」へのこだわり
  • 温泉ならではの湯質(湯の感触)を再現
  • ご自宅のお風呂で本格的な温泉気分を満喫

『日本の名湯 奥飛騨新穂高』 全成分

<有効成分>炭酸水素Na、乾燥硫酸ナトリウム、沈降炭酸Ca、塩化K
<その他の成分>L-グルタミン酸ナトリウム、無水ケイ酸、香料、緑204、青2

奥飛騨新穂高温泉

〈北アルプスと露天風呂の里〉奥飛騨新穂高温泉は、岐阜県高山市にある奥飛騨温泉郷にある5つ温泉のうちの1つで、最奥に位置しているため、北アルプスの雄大な自然の景観を楽しめます。非日常の空間を楽しめる温泉地です。新穂高は井上靖の小説『氷壁』の舞台としても描かれています。

「奥飛騨新穂高」は『日本の名湯』シリーズの「至福の贅沢」アソートパックに入ってます。
日本の名湯 至福の贅沢:このシリーズは、にごり湯が4種類(2種類x2包、2種類x1包の計6包)、透明湯が6種類(2種類x2包、4種類x1包の計8包)の10種類14包入ってます。「奥飛騨新穂高」は1袋はいっています。にごり湯と透明湯が楽しめるお得なパックです!

よかったらシェアしてね!