絹エキス配合『薬湯シルク』 ~美肌・荒れ性・疲労回復に効果的~

目次

シルキーな湯質と乳白色の湯色で美肌のバスタイム。

薬湯シルク入浴剤のパッケージ

パウダーの色:ホワイト
お湯の色:シルキーホワイト(にごり湯)(合成色素不使用)
香り:植物成分の自然な香り(香料不使用)

おすすめの人

  • 美肌・荒れ性・しっしん・疲労回復
  • あせも、にきび、しもやけ、あかぎれ、冷え症、腰痛、肩のこり、神経痛、ひび、うちみ、くじき、リウマチ、痔、産前産後の冷え症

前回使用したオリヂナルの『薬湯ヒバ』はその名の通り、「ヒバの香り」がドンとストレートにきた真面目な入浴剤で、とても好感が持てたので、別のシリーズを試したくなりました。

というわけで、今回は『薬湯シルク』です。

薬湯シルクは美肌・荒れ性・疲労回復に効果的な薬用入浴剤です。

『薬湯ヒバ』と同様に合成色素、合成香料不使用の肌に優しい仕様になってます。
甘草エキスも同様に配合されてます。

この『薬湯シルク』には、ヒアルロン酸の他に絹エキス、シルクパウダーなるものが配合されてます。

楽しみです♪

それに、香りも気になる。

というのは、この入浴剤は「植物成分の自然な香り」とのことで、どんな香りか全く想像できません。。。

封を開けると、あれ?ヒバっぽい香りがする。

前回の『薬湯ヒバ』ほど強くはないけど、ヒバの香りっぽいです。

確かにヒバは「樹木」なので植物成分ですね。

早速、お湯に溶かしてみます。

みるみる白くなって乳白色(公式にはシルキーホワイト)に変わりました。

湯面にぷつぷつした小さな膜みたいなものがあり、触るとヌルヌル?トゥルンとします。

おお!いい感じです。

美肌の予感♪

早速お湯に浸かります。

香りは、封を開けた時の香りより格段に柔らかくなってます。

今は優しい木の香りです。

ほんのり香る程度で、パッケージに書いてる通り「自然な香り」で悪くないです!

シルキーホワイトのお湯質は、トゥルンとしてて、まさにシルキー

配合されている絹エキスとシルキーパウダーによるものなのかもしれません。

うん、いいお湯です!

しっかり『薬湯シルク』を堪能しました。

湯上り後も体がポカポカです。

『薬湯シルク』もその名前の通り、シルクのようにトゥル~ンとした湯質と乳白色の湯色、自然で優しい木の香り。

本当にパッケージに書いてる内容そのままの入浴剤です。
※名前負けしている入浴剤も多い中、とても真面目な入浴剤だと思います。

『薬湯ヒバ』は強めのヒバの香りがドドンとストレートにくる。

『薬湯シルク』は上に書いてるようにまさにシルキー

こうなると、ぜひ別のシリーズも試してみます。

『薬湯シルク』、好きです!

配合されている成分

『薬湯シルク』全成分

【有効成分】硫酸Na、炭酸水素Na、甘草抽出末
【その他の成分】水解シルク液、絹粉、ヒアルロン酸Na-2、ホホバ油、酸化チタン、コーンスターチ、POE(300)POP(55)、ステアロイルグルタミン酸Na、ベントナイト、ステアリン酸ソルビタン、BG、香料

『薬湯シルク』入浴剤のこだわり

荒れ性・しっしん・疲労でお悩みの方に。
お肌をしっとり滑らかに!
① 温浴効果を高め新陳代謝を促し、お肌をなめらかにします。
② 清浄作用を高め、お肌を清潔にします。
③ 配合成分が浴後の乾燥を防ぎ、お肌をしっとり保ちます。
④ 植物成分の自然な香りと滑らかな湯ざわりのシルキーホワイトのお湯が疲れをいやします。
⑤ タール系色素および合成香料は使用していません。(合成色素・合成香料不使用)
⑥ 体をよく温め、湯上がり後もよく保温します。

『薬湯』シリーズ

「薬湯」シリーズは5種類あります。

たんたん流の買い方は、気になる小袋を複数まとめ買いして、気分によって入浴剤を使い分けてます。『薬湯シルク』は1回使いきりの分包とボトルの2タイプで販売されています。なお、アソートタイプも販売されていて、「ヒバ、シルク、ハッカ脳、しょうが」の4種類が2包ずつ入ってます。

よかったらシェアしてね!