生薬の力『薬湯ゆずこしょう』 ~疲労・冷え症・腰痛に効果的~

目次

青唐辛子の威力はすごかった!疲れたカラダに、ぽかぽかバスタイム。

薬湯ゆずこしょう入浴剤パッケージ

パウダーの色:オリーブ色
お湯の色:ライトグリーン(透明な湯)(合成色素不使用)
香り:自然な柑橘系と青唐辛子の香り(合成香料不使用)

おすすめの人

  • 疲労回復・冷え症・腰痛
  • 肩こり、あせも、しっしん、荒れ性、にきび、ひび、しもやけ、うちみ、神経痛、リウマチ、あかぎれ、くじき、産前産後の冷え症

こんな入浴剤は使ったことも聞いたことありません!

それは『薬湯 ゆずこしょう』

調味料として自家製の柚子胡椒を常備しているくらい大好きなのですが、入浴剤があるとは思いもしませんでした。

柚子胡椒(ゆずこしょう)は、柚子や青唐辛子を主原料として作られ、温浴効果を高め血行を促進する効果があり、古来より入浴剤の原料として使われています。(オリヂナル公式サイト、薬湯ゆずこしょうページより抜粋)
⇒なるほど。知らなかった。

何となく免疫が落ちてきた気がするので、体を温めて免疫を高めるために、この入浴剤にしました。

パッケージの封を開けると、オリーブ色のバスパウダーが入っています。

早速、柑橘系の香りと青唐辛子の香りがします!
たしかに柚子胡椒を想わせる香りです。

楽しみ♪

パウダーを湯にさらさら~。
ライトグリーンの湯に変わっていきます。

お風呂の準備をして、再び浴室へ。

ん、あれ?

香りがしません。この薬湯シリーズの「ヒバ」や「ショウガ」はしっかり香りましたが、「ゆずこしょう」は香り控えめなようです。

体を軽く洗い流し、お湯に浸かります。

おっ!
ちょっとピリッとした。かすかにピリッ程度ですが。
それっきりで、そのあとは特にピリッとすることはありませんでした。

お湯をすくって香りを嗅いでみます。

ああ、これは柚子胡椒の香りです。しっかりとユズと青唐辛子の香りがします!
青唐辛子がいい仕事してます ^^♪

柚子胡椒が苦手な人は、この入浴剤は避けた方がいいです。かなり柚子胡椒です。

浴室にひろがる香りの強さはありませんが、お湯をすくって顔にばしゃっとすると柚子胡椒の香りをしっかり味わえます!

しばらくすると体が熱くなってきます。辛い物を食べた時、口の中が熱くなりますが、それと似たことが体に起こります。

これは間違いなくあったまります。というか、すでに体がポカポカで、すごい威力です、これ。

ライトグリーンの爽やかな湯と柚子胡椒の香りのコンビネーションがGoodです!
柚子と青唐辛子で爽やかな発汗です ^^♪

湯上り後は汗が流れます。
寒いとき、体を温めたい時に重宝する入浴剤です。

体を温める入浴剤といえば、ショウガ唐辛子が一般的ですが、これはそれらと全く違ったお風呂を楽しめます!

このオリヂナルの薬湯シリーズはどれもクオリティが高くおススメです。

満足のお風呂でした♪
おやすみなさ~い。

配合されている成分

『薬湯ゆずこしょう』全成分

【有効成分】無水硫酸ナトリウム、炭酸水素ナトリウム、センキュウ(川芎)エキス
【その他の成分】ユズエキス、トウガラシエキス、ショウキョウエキス、無水ケイ酸、無水チオ硫酸Na、液状ラノリン、リボフラビン、クチナシ青、デキストリン、エタノール、香料

『薬湯ゆずこしょう』入浴剤のこだわり

疲労・冷え症・腰痛等でお悩みの方に。
疲れたカラダを癒します!
① 柚子胡椒(ゆずこしょう)」の主原料「柚子と青唐辛子」は、温浴効果を高め血行を促進するため古来より入浴剤の原料として使用されています。
② 自然な柑橘系の香りとライトグリーンの湯色が一日の疲れを癒します。
③ タール系色素および合成香料は使用していません。(合成色素・合成香料不使用)

『薬湯』シリーズ

「薬湯」シリーズは6種類あります。

入浴剤を買うときは、気になる小袋を複数まとめ買いしています。そして、気分によって入浴剤を使い分けてます。『薬湯ゆずこしょう』は1回使いきりの分包とボトル(750g)の2タイプで販売されています。下のYahooショッピング、楽天では分包とボトルの両方を販売、Amazonではボトルのみ販売しているようです。

なお、下のアソートタイプもおすすめです。「ヒバ、シルク、ハッカ脳、しょうが」の4種類が2包ずつ入ってます。僕はこのアソートタイプを常備しています。

皆さんのお気に入りの入浴剤が見つかりますように!

よかったらシェアしてね!